住宅を売却

金貨

マイホームを購入るす際ほとんどの方は住宅ローンを組みます。マイホームを担保にして長期にわたってローンを支払います。そこに住んでいても完済するまではご自身のものであるとは言い切れません。もし売却したいなら残債をすべて支払った後でないとできません。 購入後に予想外のことが起こった場合ローンが支払えなくなることがあります。リストラや病気、離婚など原因はさまざまです。ローンの支払いを滞納すると1か月目から督促状が届くようになります。そして滞納3か月から6か月目で期限の利益喪失となります。この時点で融資を受けた金融機関へのローン支払いはできなくなり債権者に残債の一括返済を求められます。 残債を一括返済できない場合、債権者の同意を得て抵当権や差押えを解除してもらいマイホームを売却し返済に充てます。この売却を任意売却と呼びます。 売却価格は市場価格になりますが、最終判断は債権者が行います。

せっかく購入したマイホームを手放すのは辛いことだと思います。任意売却したところで手元に残るお金はわずかか、足りないこともあり得ます。でもここでぐずぐずしていると次の段階に入ってしまいます。それが競売です。競売になると売却価格は市場価格の6割から7割ほどになることが多く、手続きから3か月以上かかります。近隣の方にも競売の事実が知れてしまいます。これではご自身も精神的に苦痛でしょう。債権者側も競売は残債の回収に時間がかかり避けたいところです。 ですからローンの支払いに困ってしまったら一刻も早く専門家に相談することです。任意売却を専門とする業者も多数あります。競売になる前に1円でも高く任意売却することで再スタートを切りやすくなるのではないでしょうか。